パキケファロサウルス館

 戻る




 パキケファロサウルスは、白亜紀後期に活躍していました。厚くて強い頭を

 もっていました。敵と戦うためよりも、自分の群れの中で戦って優劣を争いました。

 また雌をめぐって、頭をぶつけ合い勇敢にたたかいました。顔から頭にかけては想像以上に

 堅く、それほど痛くなかったかもしれませんね。

 全長7〜8メートール 植物食











恐竜名  パキケファロサウルス 作品  当社スタツフ



作品の応募先です。くわしくはトップページで
掲載しています。



〒444-2149
岡崎市細川町字クボチ77の104
企画・ポピーネット事業部[豊臣支部]
(園名)ネットの恐竜と古代動植物園